回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーション病棟とは

回復期リハビリテーション病棟とは

平成22年8月、高齢化社会に対応すべく、当院は回復期リハビリテーション病棟を設置しました。
急性期、回復期から退院後の外来、訪問リハビリテーションに至るまで、一貫してリハビリテーションを提供する体制を整え、地域社会への貢献をすすめていきます。

回復期リハビリテーション病棟とは、脳血管疾患、大腿骨頸部骨骨折などにより日常生活動作が困難な方に対して、身体機能向上、自宅復帰を目的としたリハビリテーションを集中的に行う病棟です。病棟では日常生活全般にリハビリテーションの視点を取り入れ、機能回復を目指して看護と介助を行っています。

当病棟では、透析を行っている患者様もお受けしており、ご自宅へ帰れるようお手伝い致します。

対象となる疾患

回復期リハを要する患者発症から入院までの日数算定上限日数
① 脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント手術後、脳腫瘍、脳炎、急性脳症、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症、腕神経叢損傷等の発症又は手術後、義肢装着訓練を要する状態2ヶ月以内150日
高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頚髄損傷及び頭部外傷を含む多部位外傷2ヶ月以内180日
② 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節もしくは膝関節の骨折又は二肢以上の多発骨折の発症後又は手術後 の状態2ヶ月以内90日
③ 外科手術又は肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有しており、手術後または発症後の状態2ヶ月以内90日
④ 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の神経、筋又は靱帯損傷後の状態1ヶ月以内60日
⑤ 股関節又は膝関節の置換術後の状態1ヶ月以内90日

当院の特色

 地域とともに

小金井市の中核病院として、急性期から訪問リハビリテーションまで一貫した体制でリハビリテーションを提供しています。

 365日リハビリテーション

当院は日曜、祝日もリハビリテーションを実施し、患者様の機能回復に努めています。

 多職種カンファレンス

週一回、医師、看護師、リハビリスタッフ、ケースワーカー等が集まって、患者様の情報を共有します。

 家屋調査

リハビリスタッフが退院前に患者様とご自宅を訪問します。退院にあたっての疑問点、不安の解消に努めます。
(リハビリスタッフの交通費は患者様の負担となります)

 小金井リハビリ連絡会

小金井市の病院、介護保険施設などのリハビリスタッフで構成される連絡会です。各施設、病院間の交流、技術研鑽を目的に設立されました。
市民の皆様には、市内のリハビリテーション情報を提供しています。
当院は連絡会事務局として会の運営に参加しています

当院の特色
当院の特色
当院の特色

入院相談

まずは医療相談室にご相談ください

小金井太陽病院
042-383-5511(代)

(月)~(土)09:00~17:00こに文章を入力してください