看護部について

看護部紹介

   当院は病院理念「すべては患者さまのために」のもと、救急医療からリハビリテーション・医療療養とケアミックス型の特性を活かし地域に根差した医療を担っております。

看護部は、「思いやりのこころ」「笑顔」を基本に、‘ぽかぽか太陽’のような存在で地域の皆さまに愛していただける看護部を目指しております。

看護・介護の本質を考え、知識・技術・姿勢を磨き、私たちの手の先に患者さまが見える精神で看護サービスを行います。そして、安心して地域(ご自宅)へ帰れるよう慈愛と誇りをもってチーム医療を展開しています。

風通しの良い、何でも話し合える職場環境づくりを行い、感謝の気持ちを忘れないこと・思いやりを持って人と接すること・自律して考え行動できる職員を育てその成長を支援しています。

                認定看護管理者

                 看護部長 兼 診療技術部長 兼 副院長

                        伊藤 八代子


看護部理念

理念   

やさしさと思いやりをもった看護・介護を提供します

~その手の先に患者さま・職員はみえますか~



方針 

・患者さまのご意思を尊重し自己決定の支援を行い、

 納得できる看護を行う

・技術・知識を深め安全でより良い看護を実践する

・働きがいのある職場環境づくりを行う

・仲間への信頼や感謝の気持ちを忘れず、

 互いに成長できる環境づくりを行う

・専門職としての自覚・誇りを持ち日々研鑽し、

 努力する

 

看護部で求めたい人財

 ・「人」が好きなひと

 ・「笑顔」で働くことができるひと

 ・「ありがとう」が言えるひと

 ・考え行動できるひと

 ・努力を惜しまないひと


 ‘‘小金井太陽病院で一緒に働いてみませんか’‘

 


看護体制

看護方式  チームナーシング方式

看護職員配置基準

一般病棟

看護職員配置基準

入院基本料1

 混合(一般)病棟で、周手術期を含む、急性期の看護を行っています。職員間の連携を密に安全・安心な医療・看護を提供する明るくエネルギッシュな病棟です。

回復期リハビリテーション病棟

看護職員配置基準

入院基本料3

 受傷後の痛みを理解して、退院後の生活・患者さまのこれからのより良い人生を考えた支援をコメディカルと一丸になり、‘熱いカンファレンス’を展開しながら看護・介護を提供しています。


療養病棟

看護職員配置基準

入院基本料1

 医療ニーズのある患者さまが8割以上、長期療養されている病棟です。

看護師・ケアワーカーが協働して患者さま・ご家族さまの不安を緩和し、患者さまに寄り添い看護の本質と向き合いながら日々取り組んでいます。


透析室

看護職員配置基準

 外来・入院患者さまにHDFオンラインシステムによる人工透析を提供しています。

  透析中のコミュニケーションを大切にし、日々の変化をキャッチしながら専任の医師と連携して看護・介護・工学士とチーム医療体制を整えています。また、リハビリ・栄養指導等の提供も協同で行っております。

外来部門

看護職員配置基準

院の顔として目配り・気配り・心配りを大事にして、いつでも声を掛けていただけるよう‘笑顔’を基本行動にしています。そして、様々な患者さまへの迅速で的確な対応を心がけています。

当院のワーカーたちです。

看護職員配置基準

介護福祉士も沢山います。
“患者さまの立場になって”を第一にパワー全開で頑張っています

勤務体制

病棟二交代制
外来
日勤のみ

19時までの勤務

5~6回/月あり

透析室

7:30~16:30

16:30~19:00(残り番)

祝日勤務あり
CW変則勤務日勤・夜勤・早出・遅出

勤務時間


勤務時間休憩
日勤
9:00~17:00交代で60分
夜勤16:30~9:30

夜勤 16:30~9:30

交代で仮眠120分+食事60分

教育体系